外壁塗装 三重 << >> 外壁塗装 三重

2012年02月15日

桜地区T様邸 施工前

120215-hp.jpg四日市市内桜地区にお住いのT様より、住まいの屋根と外壁の塗替え工事をご用命いただきました。
住まいを購入された時に初回の塗替えをされたそうで、今回が2回目の塗替えです。

前回は、思っていたよりも色飛びが早かったとのことで、今回は、塗色・使用材料・施工方法など、入念に打ち合わせをさせて頂きました。
お話しを重ね、一つ一つの疑問を解決した甲斐あってか、お客様にとって決して安い価格ではないものの、私どもに工事をお任せいただくことができました。

使用材料は、屋根・外壁ともに、シリコン樹脂系の遮熱塗料(高日射反射率塗料)です。
塗色は、奥様がこだわり抜いて選ばれた色で、大きくイメージチェンジする予定。
施工は来月になりますが、ペイントドクターのBLOGに、随時レポートをアップしていこうと思っています。

因みに、今回のお話は、かつて弊社のHPを立ち上げてくれた恩人が、お施主様に弊社を紹介してくれたことからご縁を頂きました。
何年経っても弊社のことを気にかけてくれていたこと、本当にありがたく思います。
ご恩に応えるためにも、万全の態勢で臨みます。
posted by toc at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築塗装関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

オスモカラーひまわり会通信 vol.7より

120214-hp1.gif一般的な塗料は、接着剤と同様に合成樹脂などで作られていますが、「オスモカラー」は、再生可能な自然の植物油をベースにした自然塗料です。
溶剤にトルエン・キシレン・柑橘油・テレピン油等の有害なものは一切使用していません。
「オスモカラー」の溶剤は、有害な成分を薬用アルコールと同レベルまで取り除いた、ミネラルオイルです。
「オスモカラー」は、人と環境にやさしい塗料です。

1202114-hp2.jpgドイツでは、環境安全面に対する基準が厳しく、特に子供用が使用する玩具・ベビーベッドなどの育児家具の塗装には、厳しい基準が設定されています。
もし、子供が噛んで唾液と一緒に塗装されている部分を飲み込んだ時、危険物が塗料に含まれていると非常に大変な問題になります。
それに対する規格に「DIN53160唾液溶解」・「N71-3玩具安全基準」がありますが、「オスモカラー」はその両方に合格しています。

かつて、ドイツ国内では、環境に傾倒する政治的な背景もあり、「オスモカラー」を模倣した、植物油を使用した塗料が売られ始めました。
大抵の模倣品は、植物油に顔料を混ぜたもので、自然の植物油の毒性に着目したものではありませんでした。
この植物油の精製に関しては、オスモカラーの開発段階で力を注いだ部分で、他社には真似の出来ない部分であるといえます。

オスモカラーの植物油は、独自のテクノロジーで高度に精製された植物油をミックスしたものなので、たとえ塗料を分析したとしても、同じものを作るのは不可能です。
料理に例えるならば、同じ食材を使っても、プロの料理人と素人の作る料理は違うということに似ているのでしょう。

オスモカラーの概要を紹介したオスモTVがアップされております。
音声付です。是非一度ご覧下さい!!
http://www.osmocolor.jp/
塗装仕様書もホームページ上でご覧いただけます。 是非ご活用下さい。
http://www.osmocolor.jp/catalog/index.html#tososiyousyo

弊社ホームページ内、自然塗料のページでも紹介しております。
http://www.kato-paint.co.jp/ken/002.html

posted by toc at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築塗装関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外壁塗装・屋根塗装のリフォーム相談は、
三重県四日市市の外壁塗り替えペイントドクターへ

工業・自動車補修・建築用塗料、看板資材、外壁塗装・屋根塗装のリフォーム専門店
加藤塗料(株)三重県四日市市

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。